2014年03月12日

南小女子ミニバス、2年連続全国へ/十和田

十和田市立南小学校の女子ミニバスケットボールスポーツ少年団が、28〜30日に東京・代々木体育館で行われる第45回全国ミニバスケットボール大会に、青森県代表として2年連続で出場する。昨年は予選リーグで敗退したが、大舞台を前に選手たちは「強い気持ちで戦いたい」と躍進を誓っている。
 昨年末に行われた県大会では決勝で五所川原を59―30の大差で破り、前年に続いて全国大会への切符を手にした。昨年8月の東北大会も2連覇。実力は折り紙付きだ。
 大会は都道府県代表の48チームが12チームずつ四つに分かれ、各ブロックの頂点を決める。まずはブロック内3チームで行われる予選リーグを突破できるかが鍵となる。
 10日は選手16人と保護者らが市役所に小山田久市長を訪問。選手は「チームを支えたい」「自分にできることをやりたい」などとそれぞれ意気込みを発表。主将の6年福岡春奈さんは「一試合一試合、悔いのないように頑張りたい」と述べた。








posted by くろいぬ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。