2014年02月13日

奥入瀬渓流のコケ散歩ガイドブック発行

十和田市の奥入瀬自然観光資源研究会(鮎川恵理代表)が「奥入瀬渓流コケ散歩ガイドブック」を発行した。散策に携行しやすいポケットサイズ14ページで、コケの観察の仕方や同渓流のコケの代表種などを紹介している。
 同渓流が日本蘚苔(せんたい)類学会の「日本の貴重なコケの森」に選定されたことを踏まえ、セブン―イレブン記念財団の助成を活用し、1月下旬に千冊発行した。
 ルーペや虫眼鏡の使い方、エビゴケ、コツボゴケ、タマゴケなど7種を紹介。2014年度以降のコケ観察会の参加者、小中高校の環境教育教材用などに配布する。
 同会事務局の玉川えみ那さん(28)は「写真やかわいいイラストを入れ、小学校低学年にも親しめるよう工夫した。大人も楽しめる内容になっている」とPRしている。





posted by くろいぬ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。