2014年07月01日

青森県内のアユ釣り解禁

青森県内で1日、アユ釣りが解禁された。十和田市の奥入瀬川では、ウエットスーツを着込んだ釣り人が水温18度ほどの川に膝上まで漬かり、久々の“駆け引き”に集中。独特の長いさおにおとりを付け、ポイントを変えながらアユとの真剣勝負に興じた。








posted by くろいぬ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十和田・南小 修学旅行で地場産品PR

十和田市立南小(向後秀樹校長)の6年生107人が、修学旅行先の北海道函館市のJR函館駅構内で十和田市の地場産品のPR活動を行い、25日、市役所に小山田久市長を訪ね、地場産品の無料配布や呼び掛けなどで十和田の魅力を発信したことを報告した。





posted by くろいぬ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成の大合併から10年

青森県内では2004年7月1日の旧五戸町と旧倉石村を皮切りに始まった「平成の大合併」から、10年が経過する。合併で17市町が誕生、67あった自治体数は40となり、国と共に旗振り役を務めた県は、行財政の効率化や財政基盤の強化に一定の効果が見られたとしている。一方、合併の過程で枠組みなどをめぐって混乱した経緯もあり、一体感が構築し切れていない自治体も。さらに今後は、人口減少が進み、地方交付税の上乗せ分が特例措置の期限を迎えて段階的に廃止されるなど、厳しい状況が予想され、自治体運営に一層の工夫が求められている。
創業大正9年すっぽんコラーゲン



posted by くろいぬ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15年全国B―1GPの開催決定/十和田

2015年秋に予定されるご当地グルメによるまちおこしの祭典「第10回全国B―1グランプリ」が、十和田市で開かれることが決まった。青森県内での開催はB―1がスタートした2006年2月の八戸大会以来、9年ぶり。ご当地グルメブームに乗って大きく“成長”したイベントが、節目の10回目に発祥の地へ戻って来る。





posted by くろいぬ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。