2013年12月25日

十和田のキッズソムリエ、成果を報告

十和田市主催の「こどもやさい楽校」を修了した「おいしい十和田キッズソムリエ」の小学生10人が24日、市役所に小山田久市長を訪ね、屋台での野菜料理販売やナガイモの収穫など充実した活動の成果を報告した。
 やさい楽校は、小学4〜6年生を対象に地元産野菜への理解を深めてもらおうと開かれている。3年目を迎え、初のサードステージ修了者が誕生したことから報告に訪れた。
 サードステージ修了者は、いずれも小学6年の和田友介君(南小)岡田羽湖さん(北園小)戸村日和さん(同)木村有邑さん(ちとせ小)の4人。
 キッズソムリエたちはこの日、アクティブ野菜ソムリエの上明戸華恵さんと共に訪問。サードステージの4人は1年目の修了時にもらったネクタイ、2年目のエプロン、3年目の帽子の3点セットで“正装”して参加した。





posted by くろいぬ at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マニア必見!工場タワーに新たに星の電飾

八戸市新井田の八戸セメントにある高さ76メートルの「NSPタワー」。恒例のライトアップに、星をかたどった電飾が24日夜から新たに加わった=写真=。
 年末年始の点灯は25、31日と来年1月1〜3日の日没から午後9時まで。星は緑と薄紫色の二つで、計6400個の発光ダイオード(LED)を使用。消灯時刻を例年より1時間早めて省エネを心掛ける。
 NSPタワーは、セメントの製造過程で発生した熱を循環させ、再利用する装置。工場のある風景を楽しむ「工場萌(も)え」ブームが続く中、独特の造形美≠ナ写真の被写体としての人気も高い。期間限定によるマニア垂ぜんのサービスとなりそうだ。









posted by くろいぬ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

怖〜い仕掛けが好評 三戸にお化け屋敷

三戸地方の民話を題材にしたお化け屋敷「さんのへ民話の館」が、三戸町二日町の空き店舗で開かれている。協同組合三戸スタンプ会(西村幸吉理事長)による商店街活性化事業の一環。子どもや女性が怖がる仕掛けが盛りだくさんだ。23日まで。
青森県には珍しいね。こんなの。








posted by くろいぬ at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小川原湖畔に室内ワカサギ釣り堀オープン

東北町の小川原湖畔にある「レークハウス」に、毎年恒例の「ワカサギ釣り堀」がオープンした。室内で気軽にワカサギ釣りを楽しめるのが売りとなっている。
 釣り堀を運営するのは同町の飲食店経営蛯名正直さん(64)と、蛯名さんが理事長を務める「小川原湖しらうお研究会」。
 プレオープンした19日は、同町のわかさぎ保育園(小笠原秀文園長)の年長園児が招待され、ワカサギ釣りを満喫。いけすから釣り上げては、歓声を上げていた。3匹釣った佐藤らんちゃん(6つ)は「さおが動いたので一気に引き上げたよ」と笑顔で話していた。
 ワカサギ釣り堀は1人500円。不定休で3月まで営業予定。午前9時〜午後3時。レークハウス内にいけすが二つあるほか、ハウスに隣接するバーベキュー施設にもいけすを設置することにしている。





posted by くろいぬ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十和田、七戸の「飲食泊」紹介マップが登場

十和田市と七戸町の観光商工団体で組織する実行委員会は、両市町の飲食店や宿泊施設の情報を掲載した観光マップ「とわだ&しちのへ飲食泊(FDS)」を製作した。掲載店や観光施設などで3万部を配布している。
 ランチ向けのレストラン・食堂や、お酒が楽しめる居酒屋・スナック、温泉・旅館など90施設をジャンル分け。店の場所が分かる地図のほか、エリアごとの観光名所や散策ルートも紹介している。
 マップの製作は2回目で、新たに新幹線の利用客向けに七戸町の情報を追加。FDSは「フード」「ドリンク」「ステイ」の頭文字から名付けた。
 店舗の紹介ページでは地場産品や地酒があるかどうかの情報も。マップの持参で値引きなどの特典が受けられるクーポンもある。
 実行委員会事務局の十和田市観光協会は「何冊ものパンフレットを持たなくても、これ一つで観光できるので活用してほしい」とPRしている。

これはいい!!地元民でも活用できそう。





posted by くろいぬ at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

大竹菓子舗、ご当地スイーツ選手権連覇

5〜11日に埼玉県越谷市で開かれた第2回ご当地スイーツ選手権(ご当地グルメ研究会主催)で、十和田市の大竹菓子舗(大竹正美社長)が新商品「青森の魔女のとろ生ショコラサンド」を出品し、連覇を果たした。十和田産の米粉を生かしたふわふわの食感が特徴で、同社専務の大竹正貴さん(47)は「米粉の普及拡大に努めたい」と意気込んでいる。
 選手権には、昨年より4店多い20店が全国から参加し、各地の地場産品を使った菓子を販売した。来場者による人気投票で順位を競った。
 第1回大会では「青森の魔女のとろ生チーズケーキ」で初代王者に輝いた大竹菓子舗。今回は9月発売の青森の魔女のとろ生ショコラサンドで挑み、大会期間中に約5千個を売り上げた。
 大竹さんは「小麦粉を使わず、米粉だけで作ったとろとろ、ふわふわのカステラに生クリームを挟み、あっさり味に仕上げた」とPRする。1個210円(税込み)。

やりました。名店大竹。





posted by くろいぬ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

十和田湖観光汽船、破産手続き開始決定

青森地裁は11日、十和田湖観光汽船(青森市、松橋泰彰社長)の破産手続き開始を決定した。観光汽船は11月に同地裁から再生手続きの廃止決定を受け、民事再生法に基づく経営再建を断念していた。2社による共同運航だった十和田湖の遊覧船は、来季は十和田観光電鉄(十和田市)が単独で続けることになる。

前々から聞いてはいたけど、とうとう破産です。





posted by くろいぬ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。