2009年12月28日

10万人あたりの医師数 青森県ワースト4位

厚生労働省の2008年調査によると、青森県内の診療所や病院で働く医師数は人口10万人当たり174.4人で、06年の前回調査に比べ3.9人増えたものの、医師の実数はほぼ横ばい。県人口の減少により見かけ上、改善した格好で、全国順位はワースト4位と、1ランクダウンした。一方、産科医の減少傾向には歯止めがかかった。
 
 人口が減る中で、治療を受ける機会の多い高齢者は逆に増加しており、「現場の医師の負担は変わらない」(青森県)のが実情のようだ。
 厚労省は2年ごとに医師や歯科医師、薬剤師の数をまとめており、今回の結果を今月中旬に公表した。
 県内の医療施設で働く医師の総数は、2人増の2428人。うち女性は19人増の305人で、女医の増加傾向がうかがえた。
 人口10万人当たりの医師数は全国平均を38・5人下回り、前回より格差はさらに2・7人開いた。
 医師不足が特に深刻な産科・産婦人科医の人数は15〜49歳の女性10万人当たり2・8人増の34・3人で、全国順位を二つ上げたが、ワースト6位。全国平均より5・5人下回っっている。
 全国的に1990年代から始まった産科医の減少に歯止めがかかっており、県でも同様の傾向となった。

青森県は何かと全国ワースト記録が多い。
ネットdeやきゅう YYスタジアム
Drawing Studio 無料会員登録
占いの館
posted by くろいぬ at 12:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと納税で市立病院救おう/十和田

赤字の十和田市立中央病院を救おうと同市の有志らが25日、「ふるさと納税をすすめる会」を立ち上げた。今後は首都圏在住の同市出身者の会「東京十和田会」をはじめ、市内外で幅広く協力を求めていく。
 
 市中央公民館で開かれた設立総会では、杉本佳築子氏を会長に選出、会則なども決めた。会員は約50人。
 ふるさと納税は希望する自治体に寄付する制度で、個人住民税の一部控除が受けられるほか、使途の指定もできる。同市には2008年度が4件で約24万円、09年度は同日現在(見込み含む)で6件、約530万円の浄財が寄せられている。
 年間10億円もの赤字が見込まれる同病院の経営問題は、同市にとって財政運営上の最大の課題。同会はふるさと納税によって医師の定着や医療機器の充実を図り、経営改善に貢献するのが狙い。設立総会では杉本会長が「中央病院が潤えば市の財政も潤う」とあいさつした。
 小山田久市長は「こうした市民運動はありがたい」と謝意。
 同病院の蘆野吉和院長は「今は支出を抑えつつ医療の質を高める方針。救急対応など地域を守るため経営改善を図りたい」と語った。
 杉本会長以外の役員は次の通り。(敬称略)
 ▽副会長=小嶋泰彦、近田雄一▽事務局長=梅村建治▽同次長=小笠原カオル▽会計=山田靖博▽理事=太田薫、須藤純一、山田吉次郎、中野廣志▽監査=鳥越正美、木村令二

こんな、赤字だったんだね。。
診療費を払わない人が多いからだ。
むつ病院と同じ。
共通点は年寄りが多いこと。同じ悩みを抱えてるんですね。
40代女性に大人気!ローヤルゼリーお試し980円≫
サクサク動くよ♪アバターで遊ぶなら…みなくるホーム♪
現金還元サイト『小判』
posted by くろいぬ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

伊調千春復帰戦準V/レス全日本選手権

レスリングの全日本選手権第2日は22日、東京・代々木第二体育館で男女3種目、7階級に熱戦を展開した。
 青森県勢の女子は、48キロ級の坂本真喜子(白銀中出、自衛隊)が大会2連覇を達成。同級の河村友海(大館中出、中京女子大)と我満愛子(青森商高)はともに2回戦で敗れた。約2年ぶりの国内復帰戦に挑んだ51キロ級の伊調千春(長者中出、綜合警備保障)は決勝で敗れ2位だった。
 男子は、フリースタイル60キロ級の小田裕之(光星高出、国士舘大)が初優勝に輝いた。同級の大館信也(工大一高出、自衛隊)は初戦で涙をのんだ。同74キロ級の倨V謙(光星高出、国士舘大)は初戦敗退。グレコローマン74キロ級の角功介(光星高出、自衛隊)は決勝に進んだが、優勝には手が届かなかった。同級の葛西直人(五農高出、自衛隊)は準決勝で敗れ、3位だった。
 最終日の23日は、男女3種目、7階級を行う。

復活ですね。
アスタリフトコラーゲン

ダイエット希望者必見!すっきり小粒♪
posted by くろいぬ at 14:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球場無残 悪質ないたずら被害相次ぐ

八戸市のリトル野球チーム「長者レッドソックス」が、練習用に使っている野球場を荒らされる被害に遭っている。これまでに外野のネットや、グラウンド整備用の砂に覆ったブルーシートが破られたほか、最近ではホームランポールを折る仕業も。八戸署に被害届を提出したが、悪質ないたずらは後を絶つ気配がなく、関係者は怒りをあらわにしている。
 
 練習場は、同市長苗代の馬淵川沿いにある河川第5野球場。市が管理しており、チームが許可を得て、土、日や祝日に利用している。
 チームの事務局を務める中居満さん(40)によると、すぐ横に散歩用の歩道が整備されているため、日中は人目があるものの、夜中はほとんど人通りがないという。
 被害は今年4月ごろから出始めた。外野フェンスに見立てて張ったネットが鋭利な刃物で切られたり、マウンドにくぎやガラス片が置かれたりと悪質。
 八戸署に被害届を出したが、いたずらは続いた。12月に入ってからは、右翼線に設置した手作りの木製ホームランポールが根元から折られた。このため、13日に再度被害届を提出した。
 修理費用は、すべて選手の父母やチームが負担。怒り心頭の中居さんは「異様にしつこいいたずら。練習に打ち込もうとする選手や監督、コーチがかわいそうだ」と残念がる。
 現在、チームには小学1〜6年生の約20人が所属。選手たちは19日も、折れたポールを横目に、真っ白い息を吐きながら練習していた。
 練習場は、冬場も走り込みや基礎練習などで使用する予定。高嶋正志監督(66)は「被害があるたびに父母が大変な思いをする。頑張って練習している子どもたちには本当にショックなことなのでやめてほしい」と訴えている。

何の意味がある?
ヤメヤメ!
I COME WITH THE RAIN

ブラウザで遊べるRPG!『まじかるブラゲ学院』

在宅でPC入力業務・データ入力業務をご希望の方は

インフォエントリーにおまかせ下さい!


無料であなたの競馬ライフをサポート!

ウマ魂で万馬券をGETしよう!!

posted by くろいぬ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「十和田奥入瀬サポーター」25人に認定証

奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト実行委員会(会長・古舘實十和田市観光協会長)は19日、十和田市の「道の駅 奥入瀬」で、本年度からスタートした「十和田奥入瀬認定ガイド養成講座」の修了式を開き、「十和田奥入瀬サポーター」25人と「認定ガイド」15人に修了証と認定証を交付した。
 
 認定ガイドの事業は来年12月の東北新幹線全線開業を見据え、十和田湖・奥入瀬渓流観光の振興を図るのが目的。同実行委の構成メンバーの特定非営利活動法人(NPО法人)十和田奥入瀬郷(くに)づくり大学(渡部毅理事長)が主管する。
 サポーターの養成講座には38人が応募。11月中に講義2回と実地研修1回、修了試験が行われた。
 また、認定ガイドは既に観光ボランティアガイドなどとして、実績のある人を同大学が指名。このうち特に、経験豊富なベテラン11人を「認定ガイドリーダー」と定めた。
 修了式では古舘会長が「観光地同士の競争が激しくなる中、認定制度を活用し地域振興に貢献してほしい」とあいさつ。来賓の小山田久十和田市長は「皆さんのおもてなしの心が十和田湖や奥入瀬渓流のリピーターを生む。今後も研さんを積んでください」と激励した。
 渡部理事長がサポーターと認定ガイドに修了証などを交付。引き続き、旅行代理店「風の旅行社」の水野恭一さんが「奥入瀬渓流におけるエコツアー(講座)のススメ」と題し講演した。
 サポーターは今後、認定ガイドリーダーの下で1年間、観光案内補助などの経験を積み、試験に合格すれば認定ガイドに格上げ≠ウれる。

自分のほうが詳しいと思う・・・・・!
GREE

芸能人とリアルタイムなおしゃべりができちゃう?しかも無料!?

おしゃべりミニブログ「セレンド」

9秒ジャストで現金10万円

競馬で稼ぎたい方必見!【神馬】では全鞍の軸馬を【無料公開】!!

ニッタバイオラボのコラゲネイド
posted by くろいぬ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

スクールバスとトラックが衝突 6人けが

21日午後3時25分ごろ、十和田市深持菖蒲渡の市道交差点で、市立ちとせ小学校(小林礼次郎校長)のスクールバス=同市洞内後野、田中冨嗣さん(70)運転=と、同市西二十三番町、会社員東工さん(25)のトラックが出会い頭に衝突した。バスに乗っていた児童8人のうち4人と、双方の運転手の計6人が頭を打つなどし軽いけが。
 十和田署によると、負傷した児童は全員が女児で、6年生2人、5年生と4年生が各1人。現場は信号機のない十字路。事故当時は雪が降っていた。バス側に一時停止の標識があり、右から来たトラックと衝突した。同署は双方の運転手から事情を聴くなどし、事故原因を調べている。
 スクールバスを所有する十和田観光電鉄(同市)によると、田中さんは「ブレーキをかけたが、スリップして交差点に進入した」と話している。
 バスは朝と午後、同小―五十貫田間の約6キロを運行。この日は午後3時10分ごろに同小を出発。途中で児童を2人ほど降ろし、次の目的地に向かっていた。東さんは仕事で荷物を配送中だった。
 小林校長は取材に対し「冬休みの直前にこうした事故が起きて残念。とにかく、大きなけがなかったのは不幸中の幸い」と語った。

近所、しかも知ってる人・・
大きな事故にならなくて良かった・・・
送料無料!小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット
posted by くろいぬ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

三沢産ホッキガイを使いアイデア料理7品

三沢市漁協(河村義徳組合長)は13日、同市の漁民研修センターで「ほっき料理講習会」を開き、参加者が解禁になったばかりの三沢特産ホッキガイをふんだんに使ったアイデア料理に挑んだ。
 
 三沢沖で採れた冬の味覚であるホッキガイをPRするため、同漁協が10年ほど前から開催している恒例行事。同日は約130人の応募者から、抽選で選ばれた市内外の主婦ら30人が参加した。
 献立は炊き込みご飯やサラダ、酢の物など計7品。参加者はまず、漁協女性部のアドバイスを基に、貝殻から身を取り出す下ごしらえ作業に挑戦した。
 身が硬くならずに、かつ風味を損なわない加熱のポイントを教わると、感心した様子で熱心にメモを取り「加熱する時間は?」「上手な味付けのコツは?」と質問していた。
 調理後の試食会では、ホッキガイのうま味が凝縮された品々に舌鼓。東北町から参加した女性は「ホッキガイを湯がくタイミングと火加減が一番難しかった。味はスープが一番かな」と笑顔で話した。
 河村組合長は「地産地消を目指し、今後も三沢市民だけでなく県内の幅広い人々に三沢のホッキを知ってもらえれば」と話した。

ホッキ貝、うまいよね。
でも、火を通すとどうなんだろう・・・
プラセンタサプリメント
posted by くろいぬ at 12:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

青森県職員に冬のボーナス 一般職85万円

青森県は10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)を支給した。知事部局一般職の平均支給額は85万325円(平均年齢45・2歳)で、前年(平均年齢45・3歳)に比べ6万6703円(7・3%)の減少。減額となった理由は、10月9日の県人事委員会勧告に基づき、期末手当の支給割合を0・1カ月分引き下げたため。
 知事部局、県警本部、県教委を合わせた支給対象者は前年より865人(4・3%)減の1万9473人。支給総額は、前年より20億円(10・5%)減の171億2300万円だった。
 特別職では、三村申吾知事への支給額は前年より14万7320円(5・9%)減の235万7120円。蝦名武、青山祐治両副知事は12万6585円(5・9%)減の202万5360円。
 県議会では、議長が211万1200円、副議長が187万9200円、議員が180万9600円で、いずれも5・9%減。
 一方、八戸市は一般職(本庁、市民病院、交通部、教育委員会)の計2071人に支給した。一般職の平均支給額は76万7287円(平均年齢42・3歳)で前年比6%減。特別職では、小林眞市長が196万320円、西幹雄、奈良岡修一両副市長が158万160円で、いずれも前年比5・9%減となった。

これは、多すぎ!民間企業に合わせる動きはあるが、
まだまだ、開きは大きい。利益が確定してのボーナスなのに、
国は、地方は借金まみれではないのか?

67%OFF!1980円!!
輝く身体を手に入れて
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1IB1HN+7YDIR6+1Q3K+674ER
posted by くろいぬ at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

新型インフル 青森市の40代女性死亡

青森市は2日、新型インフルエンザに感染した市内の40代女性が入院中の病院で死亡したことを明らかにした。死因は肺炎の悪化と心不全。女性には、慢性呼吸器不全などの基礎疾患(持病)があった。新型インフルエンザによる青森県内の死者は、感染の疑いも含め3人目。
 
 市によると、女性は呼吸器不全のほか神経疾患や糖尿病の持病があり、自宅でかかりつけ医の往診を受けていた。就寝の際には酸素吸入器を利用していたという。
 女性は11月25日朝に38度台の発熱があり、自宅でかかりつけ医の往診を受けた。翌26日になっても熱が下がらなかったため、再び自宅で往診を受けたが、午後になって呼吸状態が悪化し、市内の病院に入院。簡易検査で、新型感染の疑いがあるインフルエンザA型と診断された。
 タミフルを服用するなど治療を受けたが、入院から5日後の1日午後3時に病院で死亡した。死後の詳細(PCR)検査で、新型インフルエンザ感染が判明した。
 市は「新型感染と女性の死の因果関係は分からない」としている。家族によると、女性は今月中に新型インフルエンザのワクチン接種を受ける予定だったという。
 県内ではインフルエンザが本格的な流行期に入っており、全保健所管内に注意報・警報が出されている。
 青森市では、先月27日にも新型インフルエンザに感染した50代女性が死亡している。

これは、ひどい。弱毒性と言われていても、基礎疾患のある方には
とっても怖いウイルスです。
MURASAKIお試しセット≪1,575円≫

≪初回お試しキャンペーン中≫体臭・口臭が気になる方へ香りのエチケット「ローズの香り」

肌しっとりサプリ7日間お試し「999円」送料無料♪
posted by くろいぬ at 00:06| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜空照らす特産ニンニク/田子保育園児合唱

田子町特産のニンニクの形をしたツリーの点灯式が1日、町役場前で行われ、町立田子保育園の年長児20人が夜空を幻想的に照らすツリーの下、「あわてんぼうのサンタクロース」や「赤鼻のトナカイ」を合唱、一足早くクリスマス気分を味わった。
 千個の電球が取り付けられたツリーの高さは約3メートル。隣には電飾が施された町の名物・田子牛の人形も設置された。
 午後4時すぎ、ツリーに明かりがともされると、防寒着に身を包んだ子どもたちは歓声を上げて大喜び。サンタクロースに扮(ふん)した外国語指導助手ジョエル・グルーウエルさんからプレゼントをもらうと、「サンキュー」と英語でお礼を言っていた。
 名久井楽有ちゃん(6つ)は「ツリーがすごく格好いい。プレゼントももらったよ」と満足げ。吉田春菜ちゃん(5つ)は「クリスマスが好き。きょうはすごく楽しかった」と笑顔を見せた。ツリーは今月いっぱい、町役場前の駐車場に展示される。点灯時間は午後4時〜同9時。

このライトアップもすごい。
全国に誇れるにんにくの町です。
100円サプリメント

無添加サプリメント
posted by くろいぬ at 00:01| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

園内も聖夜の装い/十和田・友愛保育園

十和田市の社会福祉法人友愛会(加藤賢理事長)の友愛保育園は1日、園内でイルミネーションの点灯式を行った。きらびやかな電飾が園内を彩り、通り掛かった人たちの目を引いている。同会は毎年この時期に、子どもたちや地域住民を楽しませようと、園内のイルミネーションの飾り付けを行っている。
 点灯式は薄暮の午後4時から行われ、年中、年長組の園児45人による元気なカウントダウンとともに一斉に点灯。青や黄、赤色などカラフルな発光ダイオードの光が辺りを包み、園児たちはクリスマスの歌で祝福した。
 年長組の中野渡椋君(5つ)は「すごく奇麗だった」と喜んでいた。
 同園のほか、市内の第二友愛保育園、第三友愛保育園、同法人事務所でも同じく、電飾を施している。点灯時間はいずれも午後4時〜10時。来年1月中旬まで毎日行う。

ここのツリーはほんっとにきれい。
官庁街のライトアップより良いです。
低分子ヒアルロン酸

本物のにんにく卵黄専門店



posted by くろいぬ at 23:58| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

大間−函館フェリー 1月中は自主運航

大間―函館間でフェリーを運航している津軽海峡フェリー(本社・函館市、関根二夫社長)は2日、未定となっていた来年1月以降の運航について、来年1月中は自主的に運航すると発表した。2月以降に運航を続けるかどうかは今後、県、町との事務レベルでの3者による協議を経て判断する方針だ。
 
 同航路は採算性に加え、現在運航している「ばあゆ」の老朽化が存続の課題となっている。県と町が合わせて1億2千万円を上限に赤字を一部補てんし、今年1月から1年間、暫定的に運航している。
 しかし、これまで新造船の検討など長期的な運航への枠組みは結論が出ていない。同社は2日、社内で検討した結果、航路を維持する臨時的な措置として、来年1月1日から31日まで運航することを決めた。
 その後の運航に関しては、年内に「3者による恒久的な航路存続の協議スケジュールなどを確認できた時点で、あらためて発表したい」とした。
 3者による協議に向けて、大間町は4日に町議会議員全員協議会を開き、航路存続の方策を話し合う予定。県新幹線・交通政策課は「まだ、内容が分からない」と述べるにとどめている。

私もお世話になりました。
絶対存続させてほしいです。もっと利用させていただきますので・・



一度で実感!モデル愛用の感動の美容プログラム

まるで断食したかのように肌をリセット!【ぷちベジ36】
posted by くろいぬ at 00:00| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

ホッキど〜んと食べて

三沢沖から八戸沖にかけての「北浜海域」で1日、ホッキガイ漁が解禁となった。おいらせ町の百石漁港では2010年4月の供用開始に先駆けて初めて漁船が入港し、冬の味覚を初荷揚げした。
 同町の百石町漁協は漁港を持たず、八戸市の市川船たまり場や三沢漁港を利用していた。百石漁港は来春の完成に向けて舗装工事が行われており、ホッキ漁に合わせて暫定使用を始めた。
 この日は同漁協所属の漁船3隻が、午前6時半から奥入瀬川河口付近で操業。海底の砂に水を噴射して貝を掘り起こし、「マンガン」と呼ばれる漁具を使って引き揚げた。
 午前8時50分ごろ、漁を終えた船が百石漁港に入港。サイズ別に発泡スチロールに詰めたホッキ計1・5トンを初荷揚げした。三沢漁港では三沢市漁協の24隻と百石町漁協の4隻が計6・6トンを水揚げ。八戸市の市川漁協は0・9トンを漁獲した。
 相場(10キロ)は三沢ではLサイズ(10センチ)3750〜2500円、八戸では3700〜2800円だった。漁期は来年3月末まで。
【ラフラ】敏感性混合肌のことを考えた 特別なシンプルケア
posted by くろいぬ at 00:00| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。