2009年04月30日

青森県混浴 たぬきの湯です

今回は青森県青森市、たぬきの湯です。

場所は青森空港に程近い山の中。

地図だとわかりづらいですね。。

今度アップしましょう。

春五月。山中にはまだ雪。

車を停めて川沿いに歩くこと3分。

ここは川沿いに作られた、温泉です。

広さは10人位は入れるでしょうか。。

脱衣所はありません。

先客がお一人いました。

お話を聞くと、なんと、

『ここの温泉はわ(私)がつくったんだ。
ゆっくり入っていげ』

??たぬきの湯は、この方の所有物件??

ここって私有地?その後の話はまた、あとで。。。


posted by くろいぬ at 06:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

若い長門さん


posted by くろいぬ at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これも、鴨川ホルモー


posted by くろいぬ at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鴨川ホルモー です。



おもしろい!その一言です。
posted by くろいぬ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サクラの雨 です。



最近人気です。
posted by くろいぬ at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

今週末は・・

本日、増沢ー田代間の冬季間封鎖が解除です。

ようやく、八甲田周辺の温泉めぐり季節本番ですね。

これからは、写真もアップしますよ。(できれば・・・・)
posted by くろいぬ at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

混浴 かっぱの湯 青森県 下北郡

日曜日は温泉、混浴のかくれかっぱの湯(龍神の湯他呼称サマザマ)

に行ってきましたよ。

午後3時位でした。貸切です。

予想通り、アッツアツの温泉。原泉がそのまま

湯船に流れ込んでます。

下に位置する岩風呂は若干ぬるめ。

長風呂は寒いくらいかな?

熱いところを我慢して入ると、

とっても気持ちよく、、最近の温泉の中では一番の湯です。

地元の常連さんも後から来ました。

車で1時間くらい運転し、やってきます。

焼酎のペットボトルに原泉をつめ(4ℓを20本も!!!)

料理や、コーヒーとかに使うそうな。

聞くとやせるとの事。ダイエットに効果あり?

コントレックスみたいなものか・・?

今回も女性との出会いはなしですね。

女性が来るようなメジャーどころに行かないからなんだけど。。

結局、そんなところは男性客も多くて、ゆっくりと

つかれないところも多いし。。

青森県 混浴 と検索すれば、『酸ケ湯温泉』なんだけど、

まさに青森の混浴の頂点にいる温泉、酸ケ湯なんだけど、

自分は行かない。くさいから。体ににおいが染み付いて

週明けの仕事までにおいが落ちないし。

混浴目当てで入浴してると思われるし。。(当たらずとも遠からず・)

でも、食わず嫌いなのかなとも思うので今度入りに行こうっと。






posted by くろいぬ at 12:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

温川温泉 混浴 へ行って来ましたよ

4月4日
天候は晴れです。やっと春らしい気温になってきました。

予定通り、今日は青森県平川市 温川温泉に行ってきました。

十和田市からのアクセスです。中心部から車で約1時間。

奥入瀬渓流 惣辺(そうべ)バイパス経由です。

この道路は冬季間は閉鎖、4月1日に開通です。

近くには「八甲田ゴールドライン」なるものがこちらも4月1日に

開通。道路脇には数メートルの雪の壁。

でも、惣辺(そうべ)バイパスも負けてはいません。

3〜4メートルの雪の壁。

雪の層が幾重にも重なり、

圧倒的な存在感で連続していく・・

雪の壁の上には一面の青空・・

今だけしか存在しない、

儚くも、強烈な印象を与える雪の造形です。

さて、着きました。

貸切です。誰もいません。

浅瀬石川に架かる約20mの吊り橋をわたり、

宿へ。500円を払い外へ出て階段を下ること少々。

驚きは、

アリやハエなどの昆虫が活動していること。

温泉周辺はだいぶ暖かいんです。

ここだけ、季節は進んでいるようなカンジ。

(注)昆虫がいても、汚い温泉ではありませんよ。

女性との遭遇はありませんでした・・・

残念!!







posted by くろいぬ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

今日は八甲田周辺の混浴に

八甲田山周辺には温泉がたくさんあります。

でも、でも、でもでもでも、冬は積雪で通行止め、

簡単には行けない所もあります。

4月にはそれが開通。

八甲田スカイラインとか、雪の回廊とか、

雪の壁何メートルとか・・・・

今日は以前にも紹介の平川市 温川温泉に行ってきます。

体験談はまた、あとで・・・
posted by くろいぬ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

混浴 田代元湯の湯上り後・・

秘湯中の秘湯 田代元湯。。

徒歩で山道を下ること20分。

夏は汗だく、冬は遭難の秘湯です。

先日までは入湯まで、書いたんだけど、

その後は、帰り道、山登りです。。。

下ってきた道を登るんです。当然ながら・

古る古るなつり橋をわたり、

足を滑らせると川へ落ちそうな道をあるき、

熊の出没(!)恐怖と戦いながら、

熊よけの歌を歌いながら(ナゼか、決まって森の熊さんが口から)

2つめの川を渡るときにはかなりの汗、

この橋は有志の方の掛けた建築資材の単管パイプで

できている。

ここで、休むことに。

この橋に腰をかけ、川の上で足をぶらぶら。

八甲田の谷底、川幅2mの川の上、足のすぐ下に渓流の流れ

広葉樹の生い茂る、上は青い空、

流れが岩とぶつかる音、はじけるしぶき、

いつの間にか汗がひき、心地よい風に身を洗われる。

ずっと、ここにいたい。いたい。いたい。いたい。

ここで、休んでて、女性が通らないかな。

下の温泉に行く、女性グループが通らないかな・・・

『この先不安なので、一緒に行ってくれませんか』とか、、

そんな、不純な妄想が、チラッと、頭をよぎるけど、

この、自然との一体感。不純は全て、また何処かへさようなら。。

だれにも、教えたくないこの場所。でも、親しい人には教えたい。

最高の秘湯です。道のりも含めて、田代元湯。。

その後、車へ着く手前で外人女性2人とすれ違った。

これから、この下の温泉に行くそうだ。

タイミング、ワルー!!



posted by くろいぬ at 09:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

なんか貼ってみました



面白そうなので動画を貼ってみました。
posted by くろいぬ at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見ましたよ。ハンサムスーツ



塚地はまあまあの演技ですね。



あなたも。ここで出会えるかも・・



posted by くろいぬ at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パスポート認証?って

もうすぐ、ゴールデンな週間ですね。

海外、どう?

もう、国内旅行ばっかりなんて、やめませんか!?なんっつって。

でも、危険が危ないのが海外。

最近こんな言葉を聞いたのですが、

『パスポート認証』?なんじゃこりゃ。

自分パスポートは期限切れで使えません。

だから、再発行するんだけど、パスポート認証が流行りらしい。。

パスポート認証

ふーん、そうなんだ・・・

コピーを現地に持ってくんだ、それで、いいんだ。

インド人の入管とか、納得してくれるわけ?コピーで。

パキスタンの入管は笑顔を見せてくれるわけ?こぴーで。

斉藤寝具とかで通過できるわけ?

なんか、融通きかなそう・・・

でも、それが出来るのが行政書士なんだ。

自慢じゃないけど、私も受けたことありますよ。行政書士。

半年勉強しましたよ。落ちましたよ。見事に。

でも、パスポートの認証なんて、お仕事リストに無かったな〜。

今はあるのね。。昔の代書屋さんとはイメージ変わったね。。

ハイカラだ。。。
posted by くろいぬ at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古パソコンって良いらしい

温泉の日記ばかりだったので、気分転換に、

今日は、インド穴、いや、インドアな内容で。。(くだらん)

最近、PCを購入したのですよ。

デルDELLのinspironです。

6万少々でしたよ。直販サイトから。安いよね〜。

でも、自動車購入後に幹線道路沿いの中古車販売店とかの

販売価格が気になってしまうのと同じで、

中古パソコンのサイトとか、見てしまう訳ですよ。
中古パソコンのデジタルドラゴン
安い・・・・ 驚き・・・ 6万のPC買って喜んでらんないよ。

DELLの新品はビスタです。でも、ビスタってどうよ?!

みたいなとこ、あるじゃない?

実際、購入時はXPを求めましたよ。でも、新品ではほぼ、

ないのよね。

ちょっと後悔、中古PCの何がイイって、XP搭載マシンが手に入ること。

この販売店を発見したことも後悔だけど・・・

発見しなければ、こんな気持ちにならなかったのに。。

キジも鳴かずば撃たれなかったのに〜




posted by くろいぬ at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

田代元湯 混浴のつづきです。

八甲田山中の秘湯、田代元湯。

汗だくで着いたところが、結構な川幅の川のほとりの

露天風呂。汗だくだから、ヤブカが寄ってくるくる、、

さっさと脱いで木造の浴槽へ。

ここは、厳冬の2月に某国立大学山岳部がキャンプを

張るらしいとのこと。まじでって感じでしょ?

遭難するよ。普通。

そんなことを考えながら、

川の流れを眺めながら、

たまにやってくるアブと闘いながら、浸かっていると、

つり橋を数人の若い女性が渡ってくるではないですか。

ん?おまけに男が一人、

こっちを見てます。どうやら、ちゅうちょ。

入らないですね。残念。せっかく、ここまで来たのにね。

入ればいいのにね。ゆっくり浸かってらんないよね。。

マッタク、こっちの気持ちを考えてよね。

こっちだって、入ったばっかり。もっと、浸かってたいのに、

早く出なきゃならないような、雰囲気に包まれるじゃない?

混浴に来た女性方、ちゅうちょしたらだめ!

だめだからね、『あんた、気を使って早くでなよ。』

見たいな事考えないでね。先客に気を使わせてそそくさと

出て行かせるようなこと、させないでよね。

だから、ちゅうちょしないで、早く入ってよ。ね。よろしく。

だから、粘ってやりました。へへ〜〜んだ!!


posted by くろいぬ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超秘湯 田代元湯!!

今回の混浴は超秘湯です。

八甲田山の山中、谷のそこ。

田代元湯です。

一説にはあの雪中行軍が目指したとも言われる温泉です。

まさに、雪中行軍の舞台、八甲田山の秘湯。

車道から、山道へ入り数分、これ以上は車でむり!!って

ところで、降車。下りの山道を下ること20分。

川に掛けられた単管パイプの橋をわたり、

古々のつり橋をわたり、(チョーコワ!)

汗だくで着いたところが、田代元湯。

数年前まで温泉宿が経営されていたそうですが、

そんな、面影、ほとんどなし!

古い小屋がいくつかあるだけ。

温泉はとってもいい感じです。

有志の方々で清掃されています。清掃用具もあるし。

川に掛けられていた単管パイプの橋もそうなんでしょう。

誰かが掛けたんですね。

かっぱの湯、然り、有志の方々に支えられている温泉が

多いです。皆さん、きれいに利用しましょうね。









posted by くろいぬ at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた、混浴 温湯温泉にて

青森県 平川市の温川温泉(ぬるかわ温泉、温度はぬるくない)は

とってもきれいな混浴。ここでも、女性との混浴経験ありです。

夏です。8月。この日も一人で入湯。基本自分は一人です。

友達がいないわけではない。でも、混浴に行くのは、一人がベスト!

なぜなら、複数の男が入っているところ、女性は敬遠するから。

だから、一人で行くのだけど、いっつも、先客の男がいるから、

結局、女性が敬遠する状況が出来上がってしまうわけで。。。

いえ、、私が悪いんです。混浴を期待して温泉に入ることが、、

不純なんです。。。。

だから、先客がいても、いいんです!

さて、この日は先客が一人、男です。

ここは、ネット上でも女性が入りやすいところとして、

紹介されてます。そこへ、来ました。女性の黄色い声。。

どうやらふたり。標準語です。声だけ聞こえてきます。

だんだんと近づいてきます。

そこへ、男二人。入ってきました。

カップルだったんですね。。

その後にバスタオルぐるぐる巻きの女の子です。やはり二人。

都会的でかわいいんですが、カップルだと、なぜか、刺激が少なく。

しばらくして出て行ってしまいました。

完全防護の女の子たちでした。

以上です。






posted by くろいぬ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

混浴 かくれかっぱの湯 女性と混浴!

下北半島の先、薬研温泉の奥、奥薬研温泉の隠れた混浴、

かくれかっぱの湯(呼称いろいろ)。

今年の冬、2月のことです。

ひとりで行きましたよ。

ちょうど、温泉横は道路が広くなっているので、

そこに駐車。

しばらく、一人で浸かっていると、おじさんがやってきました。

4、50代でしょうか。その後に奥さん(たぶん)、

はっきり言って、

おばさんです。リアルにおばさんです。

これをみている全国のおばさん、ごめんなさい。。

でも、その人、脱ぐとすごいんです!!

白い肌、なんか、ピッチピッチ。

きれいなおっぱい、たれてな〜い!

そして、ピンクのおちくび。

下半身が反応しかけました。恥ずかしながら。。

旦那さんがそこにいるのに。

でも、顔はおばさん。そして、ノータオル!

もしかして、熟年露出夫婦?

今まで、望んできた女性との初めての混浴が

こんな形で成就するとは!!

でも、こっちが恥ずかしい。。

以後、ここの温泉で、度々出会うこととなったこの夫婦。

下半身の微妙な反応が恥ずかしいので、隣のちょっと寒い

湯船に浸かることにしたのでした。。









posted by くろいぬ at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

混浴 かくれかっぱの湯(呼称さまざま)

薬研温泉の奥、奥薬研温泉には混浴が2つあります。

ひとつはかっぱの湯。

もう一つは道路脇に浴槽?と、岩でできた湯船からなる

かくれかっぱの湯(呼称はいろいろ、正式名称不明)

昨日は、かくれかっぱの湯に入湯です。

ここは、道路脇から階段で3m位降りたところ。

一般家庭の様なタイルの浴槽がひとつと

天然岩石の湯船の2つ。

以前は温泉宿として経営していたらしいのですが、

すでに、その面影はありません。

建物が残っていたころは、人間ではない物が

見えたとか、いるらしいとか、オカルト好きにはたまらない

スポットでした。

いまは、地元有志の方々にて休憩いすが置かれたり、

週1回の清掃が行われていたりとか、露天にしては、

かなりきれいです。

タイル造りの浴槽は2人が足を延ばして入浴可能。

体育座りなら4人まで。かなり、高温。熱い湯が好きな

お年寄り向けでしょうか。。

岩石造りの湯船は、これは、低温。

真冬の入浴は風邪をひきそう。。

高温と低温、上手に入るのが、ツウでしょうか・・・。

今度は、この温泉での女性との混浴体験について。。






posted by くろいぬ at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

混浴 本家かっぱの湯

下北半島 むつ市(旧大畑町)薬研温泉の奥の奥、

かっぱの湯はゴールデンウィークとかは、

ギャルが来るらしい。(遭ったこと無いけど・)

女性が入ってきても、男性の入浴客を見て

引き返すか、連れの男だけ入浴するか。大体はどっちかです。

でも、時間帯によっては女性と混浴ができるかも!?しれません。

それは、深夜なんです。

ここの近くにはキャンプ場があります。

そこでキャンプを張っているグループが

深夜に入浴するんです。

女性と混浴できるかは、運次第!
posted by くろいぬ at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。